多発性硬化症、神経性難病患者会『大阪MS/NMOコムラード』

・大阪で多発性硬化症/視神経脊髄炎/MOG抗体疾患、神経性難病の患者会をやっております。
・前身は2013年1月から立ち上げておりまして、大阪コムラードとしては2015年11月に開始しました。
・個人での情報発信は2004年から活動しております。
そして 難病・希少難病啓発活動も行っておりまして、まず、知って頂く事が大切と思っております。年4回のイベントを開催しております。

大阪北部地震・・教訓にしてもらいた

大阪に茨木市という場所があって、今回の地震の震源地付近に位置する。


そこに知り合いが居てるのだが、その方は電動車いすを利用されていて、山手に住んでおられる。一昨年 ご自宅の屋根を改修されて今回の地震では、家の中での被害はあったものの、瓦が落ちるとかの建物のの被害はなかったそうである。
ただ、、避難指示が発令されていたらしいが、避難所に行けず結局は自宅に居られた。
地面にはひび割れが入り、外にも出られず、テレビの余震の注意!を観ながら不安な時間を過ごされた。曰く、そういう場合の地域マニュアルというか、シュミレーションができていないとの事。


私達関西人は1995年に阪神大震災を経験している、、が、すでに23年が過ぎた。
地震発生予測のスパンから考えると 一瞬の時間だが、生きてる者にすれば各々 多少なりとも人生が変わった、短くて長い時間が過ぎたのである。
そして、東北での震災もあった、、色々と経験しているにも関わらず、行政や個人レベルでも意識の中に緩みがあったと、、、思う。


まさか 大阪で内陸型の震度6ぐらいの地震、、くるか?


少なくとも私は そう思っていた。いや、起こるのである、、これは国内ならどこでも発生の可能性があるとの事。それが日本なのだ。


システムの変更による障害年金打ち切り通告の撤回とか、、世論に配慮?
1型投入病患者への年金差し止め案件(係争中)とか、何かしら やさしい社会から離れていくように思えてならない。
他方、一部の特権で利権をむさぼる連中はどんどん倍々ゲームの様に 甘い汁をすっている(多分)。IR法案も具体化されるし、、。彼らの甘い汁の一部でも 強い地域作りに還元は無理なのか?


その意味でも、各々が問題意識を持って 出来る範囲で声を出していかないと 変わらないだろう この国は、、と思う。沈黙は肯定になるのです。


最近、『We Shall Overcome 』良い曲 この歳になって今更ながらではありますが、。


今日の夜明け 


今日も一日、頑張らず、マイペース、ノンストレスで いきましょう!!