多発性硬化症、神経性難病患者会『大阪MS/NMOコムラード』

・大阪で多発性硬化症/視神経脊髄炎/MOG抗体疾患、神経性難病の患者会をやっております。
・前身は2013年1月から立ち上げておりまして、大阪コムラードとしては2015年11月に開始しました。
・個人での情報発信は2004年から活動しております。
そして 難病・希少難病啓発活動も行っておりまして、まず、知って頂く事が大切と思っております。年4回のイベントを開催しております。

だいたい 終わりました・・ですので、、

早かった 今年一年です。残りもわずかですね
年末にオペ後、初ゴルフ行くのですが、、さて どうなるか?
身体、、自信がないですが、何とかなるでしょ(笑)


だいたい 年内にやる事が終わりました、、皆さんは どうですか?


気が抜けたのか、、ボヤ~っとして、んん?
●一年が早いと感じる、、指数みたいな表現
●一年が遅いと感じる、、また そんな指数的表現(目に見える表現)
●何にも感じない指数
それを 自分に当てはめてみて そこに注目すると 一体人生は実数と 
どないやねん!?


そんな事 ぼや~っと 紙に音楽聞きながら書いていると、人生は帳尻が合った(笑)

実際は意識を持って 一年は早いな~ って感じるのは50歳ぐらいからでは?
それまでは、意識無しか むしろ 長く感じるのかも、、しれない。
言葉に書くと、矛盾点が出そうなので、、この 汚スケッチでは


人生は死ぬまで実数であった。一年は一年、、だった!!当たり前(笑)。


つまり、意識の中の『あ~一年はこんなに早かったのか?』と、
思っても、50歳までの そんなに考えていない、長く感じる、その期間合算を
比べてみると よく似たもんで、意識を入れても 一年は一年!である。


何を言っているか、、分からないと思いますが、まぁ~私は納得したので(笑)、
これで 宜しい。
そうなんです、、若い頃に何も考えていなかったので、
帳尻合わせで 今が早く感じないといけないのでしょうね。


そんな訳で 急激に 一年が早くなってきております。


すいません、、訳が分からない事 書きました。