多発性硬化症、神経性難病患者会『大阪MS/NMOコムラード』

・大阪で多発性硬化症/視神経脊髄炎/MOG抗体疾患、神経性難病の患者会をやっております。
・前身は2013年1月から立ち上げておりまして、大阪コムラードとしては2015年11月に開始しました。
・個人での情報発信は2004年から活動しております。
そして 難病・希少難病啓発活動も行っておりまして、まず、知って頂く事が大切と思っております。年4回のイベントを開催しております。

昔からのボクシングファンとしての私見・・

当然ながら私の小学生の頃は 思い切り古くて、、東京オリンピックの銅メダル獲得の
亡き桜井孝雄さんがプロ転向時分からのボクシングファンで 今もWOWOW等で
毎週観ている。大場政夫氏(コルベットに乗って首都高で事故死)の試合なんかにも
興奮していた。自分でも10代の終わり位に少しやっていた。そんな事もあって、


今回の比嘉選手の失態は 絶対にやってはいけない事、恐らく テレビ局の方針や思惑
とかも重なっての事(短期間の防衛戦)とは思うが、減量失敗、プロなら許されない事。論外と思う。


山中選手とネリの時、解説者連中は一斉に外国選手への非難を続けた、、KOされた山中選手へ同情も多数あった。いやいや、、とはいえ KOされたらあかんやろ~、、体重差が影響するパンチ力に負けたような発言も多かったが、私は山中自身が衰えていただけで、何回やっても負けるだろう、、そう思っていた。


今回はどうだろ?比嘉選手はネリの場合と違うから同情の言葉、、
ネリはあえてリミットオーバーをやったから悪くて、比嘉選手は頑張ったけど落ちなかったので、まぁ しゃーないし よく戦った。・・・これはおかしい。


何か、、昨今のメディアに乗っている連中の 嫌な部分が さく裂している感がする。
テレビ局の思惑に乗ったコメントでは無くて、プロの目で見た、考えた、意見を言ってもらいたい。非難の一言位 言うべきであって、相手選手への失礼加減への謝罪も 
局に雇われているなら発言すべきと、、私は思う。


後 村田選手が勝った。でも、、後味が悪い番組だった。おもしろくなかった。


色々と違う意見もあるだろうけど、私はそう思う。


今日の大阪は良い天気の様です。週の初めの月曜日です、、元気でいきましょう!!