多発性硬化症、神経性難病患者会『大阪MS/NMOコムラード』

・大阪で多発性硬化症/視神経脊髄炎/MOG抗体疾患、神経性難病の患者会をやっております。
・前身は2013年1月から立ち上げておりまして、大阪コムラードとしては2015年11月に開始しました。
・個人での情報発信は2004年から活動しております。
そして 難病・希少難病啓発活動も行っておりまして、まず、知って頂く事が大切と思っております。年4回のイベントを開催しております。

府大のボランティアセンターとのワークショップ

本日は半日  『難病とボランティア』というテーマでワークショップ
2組でしたが、、良い時間が持てました。お疲れ様でした。
しかし、三連休の中日にもかかわらず、学生君、職員さん達のこの精神には
敬服します、、私の同年代の頃を思い出すと雲泥の差でございます。

大阪万博が決まりました、、府知事の異様なまでの興奮には いささか引きましたが、
彼は決まった安ど感で、ランナーズハイ状態だったんでしょう。
さぁ これから万博景気の始まりですが、開催の2025年は団塊世代が後期高齢者に入る、、所謂2025年問題の年でもあります。ちょっと見にくいですが、下の赤囲い、

社会福祉施設の4日以上休業した労災事故件数です。右肩上がりの最悪です。
詳細は↓↓ 厚労省の公開ページです。数値目標も、、どういう事???
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11302000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Anzenka/0000209094.pdf
こんな危険な職業である認識を持たないといけません。そこに外国人が入り、おまけに言葉のハードルは最低限に下げてとか施設側が厚労省に要請してるし、入所者はピークを迎えるし、何がなにやら、、わて ほんまに よ~言わんわ、、ですよね。もっともっと、
国内の潜在的人材がやる気を出して職場に戻る施策が必要!考えなければ、、。


頼んますわ。外国人がどっと入ってきた時のビジネスツール、派遣会社、、うふぁうふぁ
言いながら考えているとか、、風のうわさで聞こえてきてますが、、、空耳か?