多発性硬化症、神経性難病患者会『大阪MS/NMOコムラード』

・大阪で多発性硬化症/視神経脊髄炎/MOG抗体疾患、神経性難病の患者会をやっております。
・前身は2013年1月から立ち上げておりまして、大阪コムラードとしては2015年11月に開始しました。
・個人での情報発信は2004年から活動しております。
そして 難病・希少難病啓発活動も行っておりまして、まず、知って頂く事が大切と思っております。年4回のイベントを開催しております。

このシステム 機能不全!?

厚労省が推し進めている『地域包括医療システム』地域中心とはいうものの、
なかなか計画通リには進んでいない。ていうか、崩壊 目前、、今のうちに何とか考えなければいけない。その危機意識の薄いのには 驚きです。


今年のケアマネの受験者数と合格率(主要17都道府県)

昨年度、この17都道府県では1万9200人の合格者が出ていた。今回の3177人はその16.5%。一気に8割以上も少なくなる衝撃の結果となっている。全体でもドラスティックな減少となるのは間違いない。との報告。原因としては、求められる役割や仕事、研修の量が増えて非常に忙しいこと、処遇が十分でないことも背景にある。


下の絵で言うと、ケアマネの位置づけはというと 重要な役割を担っているのが分かりますよね、、なり手もそうですが、激務に耐えかねて 辞めていく人も、私の周囲にもおられるが、、おまけに 来年の秋の処遇改善対策には除外されているし、、考えている事が崩壊させようとしているしか考えられない。その先は水道事業と同じになっていくのでは?ひと昔前に、水道事業が民営化されるなんて 考えもしなかったが、それが決定したのですから、このシステムの運営どころか(連携の運営)、システム自体の構築をも民営化して 一部にお金が集まるようにしていく事、、いや 本気で心配してます。


カンフルが必要です、、来年の地方選、夏の参院選、、大阪は万博誘致決定で勢いを増している与党が 夏ぐらいに再度の住民投票するとか、、ぼや~っとしてたら足元崩壊ですわ。大阪人は わ~っとなって はしゃいでいる人が多いが、冷静に全体を考えてもらいたいと思う。    都構想、、否決された!ちゅうねん。


夢洲がどんなところになっていくのか?それも 本気で考えてもらいたい。


   
ケアマネジャー