多発性硬化症、神経性難病患者会『大阪MS/NMOコムラード』

大阪で多発性硬化症/視神経脊髄炎/MOG抗体疾患、神経性難病の患者会をやっております。
前身は2013年1月から立ち上げており、大阪コムラード(略称)としては2015年11月に活動を始めました。
笑いは健康の源です。笑う事で心も元気になって輪も拡がってくれると思っております。
年4回のイベントを開催しております。HP http://home1.tigers-net.com/~tj024331/

ピアサポート研修IN京都烏丸!その原点とは?

先週の土、日、製薬会社の研修に行ってきました。


11団体18名による それはそれは祇園祭前の音が響く京都四条烏丸で 熱くそして、笑いもある良い時間を皆さんで共有してきました。
その ピア・サポートその原点ともいえる考え方とは?


ある人が同じような苦しみを持っていると思う人を支える行為、あるいは、その様に思 う人同士による 支え合いの相互行為。


 重要な事は・・① 当事者性;いったい「誰が」苦しんでいるのか?誰のためになれば          良いと思うのかを気にしながら、一緒にやっていく。
        ② 修復困難性;簡単には、あるいは決して苦しみは無くならないとい          う事。


 ・「支える」だけでなく「支え合う」と強調するのは?
   難病のベテランといえども、「乗り越えた」存在とはいえない部分も多い。新米の   患者と出会う事で・・・・実は「支えてもらっている部分もあるかもしれない」
   →→互換性
 ・「ピア・サポート」用語の持つ多義性
  例:社会的発言・啓発・組織化・記録をつける。等々。


一見 難しい文章の様ですが、、、何度も読むうちに 実は至極シンプルな考え方で
あり、患者 各々のスタートラインになるのでは?