多発性硬化症、神経性難病患者会『大阪MS/NMOコムラード』

大阪で多発性硬化症/視神経脊髄炎/MOG抗体疾患、神経性難病の患者会をやっております。
前身は2013年1月から立ち上げており、大阪コムラード(略称)としては2015年11月に活動を始めました。
笑いは健康の源です。笑う事で心も元気になって輪も拡がってくれると思っております。
年4回のイベントを開催しております。HP http://home1.tigers-net.com/~tj024331/

運命、そして命を考える時、やはり本人の希望優先!!

大変レトロな画像です(笑)。
昭和37~8年で、、8ミリフィルムからの動画キャプチャーです。

私達4人兄弟 全員が写っています。ハンドルを握っているのは?はい 次男の私です。
そうそう、、笑)もちろん、停止中の車ですよ。
横が兄、後ろが妹、弟です。
(誰が家族紹介せい!言うてんねんじゃい!))笑)まっそない言わんといて下さい。


亡き父が8ミリが好きで撮っててくれましたが、私は記憶、、全く無しです。


運命?? おかしなもので、、母が約35年前に胆石で胆嚢を摘出しました。
その22年後の平成16年、、肝臓がんがステージ3で見つかり、
19年に亡くなりました。26年には父も逝きました。


12年前には兄が同じく胆嚢摘出。そして母が逝くと同時期には弟も摘出しました。


弟、、、、、約4年前に肝胆管癌発見!放射線治療しか出来ない状況だそうだ。
しかし、今だにその事実を 兄以外の兄弟には内密に、、、との事。。。
兄も 連絡が取れにくいので、おかしいと思い、、、でも 手を尽くし何とか会い、、
状態を確認したらしい。しかし、
直接知らされていない私達は 弟には勿論、家にも連絡も出来ない。


あ~、、そんな付き合いだったのか~、兄弟って 何なのか?とかとか、色々と考えた。
が、、実は会いたいという事は、私の勝手であり自己満足であって、弟の事を考えると、
その時がきたとして、その時、向こうから連絡がくるべきもので、
今は、、、彼の物語である。自分なりに覚悟を決めた 物語を演じているのである。
覚悟を決めた 物語、、考えると、因縁というものがあるのかないのか、偶然なのか?
、、私達兄弟には 物語がある、、いや 誰でもそれはあるんだろうけど、、。


人生の突き当りが ぼや~っと見えてきた今、私の左腎臓を息子のところへ行かせて、
無事に留まらせ、そして、この会を あとに残すべく努力をして、、
それで 私の物語が そろそろ 終わっていくのだろうな~、、なぁ~んて、
考えると、命ある限り 必死に死ぬまで生きよう!、、、そう 思います。


やけに、、、重いですわ(笑)。