多発性硬化症、神経性難病患者会『大阪MS/NMOコムラード』

・大阪で多発性硬化症/視神経脊髄炎/MOG抗体疾患、神経性難病の患者会をやっております。
・前身は2013年1月から立ち上げておりまして、大阪コムラードとしては2015年11月に開始しました。
・個人での情報発信は2004年から活動しております。
そして 難病・希少難病啓発活動も行っておりまして、まず、知って頂く事が大切と思っております。年4回のイベントを開催しております。

動き出しましたネ・・

年明け 色々とpc内の整理をしておりまして、懐かしい作品が、、

↑ 床は 玉石(小)の洗い出し、、と言いまして、石の頭だけが見えている仕上げです、設計者と二人で アホ言いながら(笑)、磨きました。

ただ、、こういう設計は住む方達の生活優先、、では無くて、建物に生活を合わす!
という、設計者の考えは 施主さん(当時 70代のご夫婦)には受け入れがたく、
工事中は愚痴の聞き役になっていたのを 覚えています。


これ、1990年頃だったです。大阪の西成区で新築しましたが、今は 見る影もなく、
持ち主が替わり 手を加えたり、メンテ不足でひどい状態です。悲しいです。
私の会社で工事のみ やったのですが、この設計者は強者で 彼のHPです。

初期の作品で、ある意味 これで世に出たと、、、思います。
工事中より 色んな事があり、職人が現場から引き揚げたり、、今は奥さんになっていますが 当時の担当社員さんが・・・
『水谷は この工事で世に出たいと考えているので、、、』と、、情に絆されて、、
まぁ~ 良い思い出です。が、、驚くほどの赤字でした(笑)。
建築雑誌にも紹介されたりしましたが、彼のHPにも今もアップしているようです。


テレビの ビフォー アフター にも何度か(多分2回)出ていて、連絡があったので、
一度見ましたが、アハハ、変わらず 凝った事やっているな~と、施工店の事、
心配しておりました。(あの番組 ちょっと 問題になった?工事費用に関して、)


私は完全に建築という職業から離れましたが、時々、人様の現場の横を通りすぎる時、
これ 良い感じ!と、思った現場に無理を言って入らせてもらったりしています。
断られるとこもあって(笑)、変な人 的に見られているんだと思います。


今でも 建築は面白い!です。というか、物造り、、良いですよね~