多発性硬化症、神経性難病患者会『大阪MS/NMOコムラード』

大阪で多発性硬化症/視神経脊髄炎/MOG抗体疾患、神経性難病の患者会をやっております。
前身は2013年1月から立ち上げており、大阪コムラード(略称)としては2015年11月に活動を始めました。
笑いは健康の源です。笑う事で心も元気になって輪も拡がってくれると思っております。
年4回のイベントを開催しております。HP http://home1.tigers-net.com/~tj024331/

他人事では ないのです、そこらを考えておきましょう

先日、様々な憶測や賛否等々 テレビなんかでもコメンテーターという訳の分からない
連中(昨今、お笑い芸人がそれをやっているようですが、)が、好き勝手言ってた
小室さん問題。そう、あの小室哲哉さんです。
一世を風靡しましたよね~ 彼の音楽は大変素晴らしい。


記者会見の最後に発言した言葉・・・(引用します)
 僕たった1人の人間の言動などで日本であったりとか社会が動くとはまったく思ってお
 りませんが。先ほども言いましたように、なんとなくですが、高齢化社会に向けてで
 あったりとか、介護みたいなことの大変さであったりとか、社会のこの時代のストレス
 であったりとか、そういうことに少しずつですけど、この10年で触れてきたのかなと
 思っているので。こういったことを発信することで、みなさんも含めて、
 日本をいい方向に少しでも みなさんが幸せになる方向に動いてくれたらいいなと
 心から思っております。
 微力ですが、少しなにか響けばいいなと思っております。ありがとうございます。


これ ネットニュースでも話題になっておりました。


本当に しんどかったんだと、思っています。不倫疑惑記者会見で なんでやねん!
とかに なるのかも?擁護でもなんでもなく、事の真実は私的にはどうでも良くて、
この言葉 彼の本音でしょうね。辛かったのでしょう、、よく 言った!と 思います。


人間は10以上の難病になるリスクを持って生まれ、生活している、、10以上ですよ。
それが何らかの誘因でスイッチが入ります。そういう事なんです。
難病と言われる疾患(難病の定義とか、指定難病のそれとかありますが省略)で
それですから、それ以外の突発的な病気を入れると、何とまぁ~ すごいリスキーな
社会で私達は生きているのが現実です。で・す・の・で、、


現在 健康であるという事は 本当に大変素晴らしい事なんです。


さらには、心身共にってよく言いますが、もしそれが 自覚できる事なんて、
奇跡のような事であって、誰しもそう願っていますが、各々は 何かしらを背負って
生きているので、なかなか そこには行けません。しかし、


だからこそ、『そうありたいという気持』が大切です。
そうありたいならどうする?


私は心がけています、、人を思いやる気持ち、、
それがあれば 腹も立たないし、考え方が前向きになります。


先日の映画の冒頭MCでも 言いましたが、(ユーチューブアップ)
人間が生きているっていう事は、誰かしら 知らず知らずに何かを贈ってもらったり、
こちらから贈ったりしながら成り立っているもので、はっ!と、それを気づかせて
くれるのも・・・人を思いやる気持ち・・そう 思います。
各々でそれを決めれば良いと思います。


小室哲哉氏も そんな事を言いたかったのでは?と、、。