多発性硬化症、神経性難病患者会『大阪MS/NMOコムラード』

・大阪で多発性硬化症/視神経脊髄炎/MOG抗体疾患、神経性難病の患者会をやっております。
・前身は2013年1月から立ち上げておりまして、大阪コムラードとしては2015年11月に開始しました。
・個人での情報発信は2004年から活動しております。
そして 難病・希少難病啓発活動も行っておりまして、まず、知って頂く事が大切と思っております。年4回のイベントを開催しております。

コミュニケーションの研修・マニュアルは必要・・

先日、患者会の代表が集まるイベントがあった。
定番のワークショップ、、これは良いとして、どこでもやる事ですし、。

午前中の講演・・ある大学の女性ドクターが「ドクターとしての本音編(?)」、、
そんな内容、、はっきり言って 何も残らない、何を言いたいのか?、、何故この方が来たのか?そこが興味があったのであるが、そんな事を含めて質問2点しました。


1、患者とのコミュニケーションの中で ここから先は立ち入らない領域はあるのか?
2、研修医を終了して色んな道へ進まれると思うが、その時に、例えば臨床医になられる 方に対してのコミュニケーションの研修や、マニュアルのような物、あるのか?


1の答え・・・色々喋られたが、多分経験不足なので、それすら考えていなかった。
2の答え・・・無い。個人任せ。


まぁ そういう医療現場に私達は通う訳で、患者とのコミュニケーションで、これはお互いさまになるのでありますが、しかし、あくまでもドクターはプロでそれを生業とされている。私達はお客様だ、、とまでは言わないが、所謂、プロ意識は持って頂きたい。
ドクターからの言葉パワハラ(もどき)の多い事、、そこは医療制度までの話になるのかもしれないが、(忙しい、時間が無い、など)そうであったとしても、それはダメ!


それはダメ!と、分かってもらうための研修が必要と思います。
「貴方のそれ、、ダメです!」というような、、、そこかっ!(笑)になりますが、
これは正直な話で、大切な部分ですよね。


患者側から講師を出すのが良いかもしれません。いや 本気に思っています。


連休明け、昨日は我が家、、家内の父、子供たち夫婦孫、要は、全員集合!で、
昼食会でした。・・・・とても 良い時間でした。